MENU

シミウスの定期便を解約する方法

 

覚えておきたい!マッサージし忘れがちな場所

 

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをする際、うっかり忘れそうになる場所があります。

 

それはジェルを付け忘れやすいところとも言えますが、耳の後ろや首の後ろは、マッサージをし忘れがちです。

 

ジェルを塗り忘れた箇所は、シミができるリスクが高まります。

 

シミの原因は乾燥にあります。

 

お肌に乾燥が起きると、外から刺激を受けやすくなってしまい、炎症を起こしやすくなります。

 

お肌に炎症が起きると、シミのもとになるメラニンを作る場所である、メラノサイトが活性化されます。

 

ジェルを塗り忘れると、お肌がしっかりと保湿できず、乾燥して炎症が起きやすくなります。

 

したがってシミができやすくなってしまうのです。

 

見えないからこそ、ついつい塗り忘れてしまいがちな首の後ろなどは、人からは意外と見られています。

 

また髪型によっては、皮肉にも太陽光を浴びやすい、日焼けしやすい場所でもあるのです。

 

首の後ろなどは、日焼け止めクリームなどのUVケア製品も、塗り忘れたり塗りムラができたりしやすい場所です。

 

なので、朝シミウスマッサージを行った後に、しっかり日焼け止めを塗ることをお忘れなく!反対に、丁寧なクレンジングも大切です。

 

日焼け止めなどを、きちんと落とさずにお肌に残していると、それこそ肌荒れの原因となります。

 

忘れがちであったり面倒に感じたりする場所ですが、いつものお手入れにひと手間加えるだけなので、ぜひ忘れずにクレンジングしてください。

 

ほんの少しの努力で、美肌を実現することができますよ。

 

 

シミウスジェルを忘れがちなのは「後ろ」です

 

「シミウスホワイトニングリフトケアジェル」をついつい塗り忘れてしまうところってどこだと思いますか?答えは首の後ろや、耳の後ろです。

 

付け忘れてしまう箇所というのは、同時にマッサージし忘れてしまう箇所と言ってもいいでしょう。

 

顔の正面や首の正面は鏡を見なくてもジェルを付け忘れるということはないですが、首や耳の後ろといった箇所は忘れてしまったり、面倒だったりしてそのままにしてしまうことが多いようです。

 

ジェルを塗り忘れた箇所はシミの出来るリスクが高くなってしまいます。

 

なぜなら、お肌は乾燥に弱いのです。

 

ジェルによってしっかり保湿されていないお肌は少しの刺激によっても炎症を起こしやすくなり、その結果メラノサイトが活性化されます。

 

その活性化によってシミの元であるメラニンが作られやすくなる為に、シミとなってしまうのです。

 

自分からは見えなくても、他人からは良く見える首の後ろ側。

 

日焼け止めなども塗り忘れたり、逆に落とし忘れたりしやすい箇所でもあります。

 

UVケアの洗い忘れにも注意して肌荒れの原因を作らないようにしましょう。

 

その上で、忘れずにジェルを塗り、マッサージをして乾燥を防いでおきましょうね。

 

 

スパチュラを必ず使って欲しいわけ

 

メビウス製薬のシミウスジェルには、スパチュラがついています。

 

実は、このスパチュラがとても大切だということをお話します。

 

普段の日常生活の中ではあまり意識することはないでしょうが色んなものに触れる手というのは雑菌でいっぱいなのです。

 

薬用石けんを使って30秒以上手洗いをしても、菌が死滅することはありません。

 

また、綺麗に洗った手をふくタオルにも、菌はいっぱいついています。

 

なんと洗いたてのタオルにさえ、菌はいるのです。

 

手に潜む雑菌を0にするということは、不可能なのです。

 

雑菌だらけの指を化粧品の容器の中へ入れるということはどういう事になるのか考えてみて下さい。

 

指が触れた部分から雑菌がどんどん繁殖するのです。

 

そうして容器の中は、あっという間に菌まみれです。

 

その結果、雑菌の繁殖した化粧品を使うことによりニキビ・肌荒れなどのトラブルの原因になってしまいます。

 

それを防ぐためにも、必ずスパチュラを使ってほしいのです。

 

 

マッサージに最適!シミウス!

 

マッサージにとても適しているジェル、それがシミウスホワイトニングリフトケアジェル。

 

普通のオールインワンジェルとは、どんなところが違うのでしょうか?さらに、マッサージ専用ジェル以外でマッサージをするのは、お肌にダメージを与えてしまうのでしょうか?フェイシャルマッサージと聞き、たいていの方が思い浮かべるのはクリームやオイルだと思います。

 

それではなぜ、マッサージにクリームやオイルが選ばれているのでしょうか。

 

それはクリームやオイルの働きで指先がスムーズに動き、摩擦を軽減してくれるからです。

 

さらに、マッサージ中に揮発しないので潤いが保たれます。

 

マッサージで使う化粧品で、一番大切なのは何と言っても滑りの良さなのです。

 

なぜ滑りの良さが大切かというと、お肌への刺激を軽減して、シミやたるみ、シワの原因を作らないからなのです。

 

揮発しやすい製品を使った場合、製品が揮発するときにお肌の水分も一緒に奪われるため、お肌が乾燥してしまいます。

 

エタノール系の化粧品は使用時にすーっとして爽快感が得られますが、乾燥対策にはなってないような気がする、という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

このシミウス ホワイトニングリフトケアジェルは、オールインワンタイプの化粧品です。

 

と言うことは、マッサージに向いていないのでは?と思いますよね。

 

ところが、このジェルはマッサージのために作られたジェルなんです。

 

このジェルの特徴をご紹介します。

 

まず、このジェルは一般的なジェルよりも固めのテクスチャーが特徴で、とても弾力があります。

 

そして、伸びもとても良くなっているので、とてもすべりがよくなっています。

 

そのためしっかり伸ばしても突っ張りを感じることがありません。

 

この手触りの良さの要因は、特殊な製法であるダブルクリスタル製法と呼ばれるものを使用しているからです。

 

一般的なジェルは美容成分を一層の膜で覆っていますが、このジェルはさらにその美容成分をマッサージ用の膜で覆っているんです。

 

つまり「美容成分」を膜で覆い、更にその上から「マッサージに適したジェル」で覆っているということなんです。

 

こうすることでお肌によくなじむように仕上がっているんですね。

 

しかもこの製法によって揮発しにくくもなるので、マッサージ中にジェルを何度も足す必要がなくなり、最後までマッサージを出来るという訳なんです。

 

これが、シミウスジェルがマッサージに適したジェルと言われる一番の特徴です。

 

 

シミウスの使い始めのベタつきは肌の準備中サイン

 

シミ対策口コミでも評価の高い美白・美容ジェルのシミウスは、比較的ベタつきはないタイプの商品と言われていますが、人によってはベタつきを感じる方もいらっしゃると思います。

 

スキンケア商品の使い心地は天候や肌の調子によって変化します。

 

使い始めの頃にベタつきを感じる場合の理由として、肌がシミウスの有効成分を十分吸収できる状態になっていないことが考えられます。

 

シミの要因であるメラニンが蓄積したお肌は、新陳代謝が良い状態ではないため、うまく有効成分が肌に浸透せずべたつきを感じることがあります。

 

シミウスジェルでマッサージを行い肌の血行を良くし、新陳代謝の機能を改善することで、メラニンが排泄され有効成分の吸収力が高まります。

 

それによって、シミも薄くなっていきますし、ベタつきは徐々に解消していきます。

 

美肌にはストレスは厳禁です。

 

不安な方は、まず解約が簡単な定期コースで試してみてください。

 

使い心地と効果を実感して心配を解消してから、お肌ケアをゆっくり続けていきましょう。

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ